メニューの表示

2014年8月6日 浜松に金の家康くん像を設置 金のちょんまげに触れて、貴名受けに名刺を入れて出世運アップ!

出世旅プロジェクトを推進する浜松市では、8月5日(火)浜松市マスコットキャラクター「出世大名家康くん」が、JR浜松駅構内にある浜松市観光インフォメーションセンター前で、プロジェクトのシンボルでもある『金の家康くん像』をお披露目しました。

001
<8月5日浜松でのお披露目式>


この『金の家康くん像』は、7月28日(月)に、東京都内で除幕式を行った後、8月4日(月)に名古屋市役所の表敬訪問でのお披露目を経て、8月5日(火)浜松への設置に至りました。
7月28日(月)の除幕式は、都市センターホテル(東京都千代田区)で行われ、 “出世運がうなぎのぼり中”のお笑いコンビ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の平成ノブシコブシのお二人が、コンビ名の”ブシ”にかけて甲冑姿で駆けつけてくれました。同イベントで徳井さんは、試食用のうな重を「ふっくらして、おいしい」とイベントの最中に全部食べきってしまったり、吉村さんからは、「俺が浜松を背負ってやりますよ」と仰って頂いたり、イベントを大いに盛り上げてくれました。

001
<7月28日東京での除幕式>


8月4日(月)の河村名古屋市長表敬訪問では、浜松市の「金の家康くん像」と名古屋市の「金の茶釜」による黄金共演や、出世旅プロジェクトで推進する「出世飯」である”ぼくめし”と、「なごやめし」である”ひつまぶし”のうなぎ飯対決等により、多くの共通点をもつ両市の交流が行われました。浜松市から持参した”ぼくめし”の試食で河村市長からは、「うみゃー」とお褒めの言葉を頂戴し、市長自ら、「金の家康くん像」の中に名刺を入れて頂きました。

002
<8月4日名古屋市長表敬訪問>


8月5日(火)のお披露目式では、鈴木康友浜松市長や、製作を担当した静岡文化芸術大学の先生や生徒の皆さんなども登場し、出世旅プロジェクトの概要や『金の家康くん像』製作時のエピソード等をお話し頂きました。
『金の家康くん像』は、貴名受けに名刺を入れ、金のうなぎのちょんまげに触ると出世運のご利益を得られると言われています。浜松市観光インフォメーションセンター前に毎日、午前10時から午後7時まで設置しておりますので、出張や観光で浜松にお越しの方や浜松市内にお住まいの皆さまに是非お立ち寄りいただければと思います。

003
<金の家康くん像と出世大名家康くん>
004
<金の家康くん像と鈴木康友浜松市長>

戻る